小鼻縮小・鼻先形成 | 渋谷美容外科クリニック

総合受付0120-355-311

小鼻縮小・鼻先形成美の黄金比率「エステティックライン」を実現

渋谷美容外科クリニックHOME > 施術一覧 > 小鼻縮小・鼻先形成

小鼻縮小・鼻先形成とは?ダウンタイムや値段、手術方法についても解説


鼻先が丸い、小鼻をもっと小さくしたいなど鼻の形の悩みは人それぞれですよね。
クリニックでは、鼻の悩みに合わせて小鼻縮小・鼻先形成をおこない、理想の鼻を目指すことができます。
今回は、小鼻縮小・鼻先形成の特徴や、気になるダウンタイム、値段、手術の方法について解説します。

小鼻縮小・鼻先形成とは

「小鼻縮小」とは、小鼻の大きさや鼻の幅を小さくする場合に、小鼻を小さくしたり、鼻の横幅を狭くしたりする施術のことです。場合によっては、小鼻縮小と一緒に鼻先形成まで行い、鼻先を整えることで美しさが一層増すこともあります。
一般的に鼻の高さは、鼻から口、そしてアゴまでを結ぶラインが真直ぐになるのが最も美しいとされています。このラインは美の基準線「Eライン(エステティックライン)」と呼ばれ、美容整形で鼻やアゴをデザインする際には必要不可欠な黄金比率です。当院ではこのEラインをふまえ、バランスの良い、自然で美しい鼻の高さに仕上げていきます。

小鼻縮小(鼻翼縮小)

小鼻縮小では、小鼻(鼻の両端)の張った部分を取り、鼻の内側から小さくスマートになるようアプローチします。手術の傷跡は、他人からはほとんどバレないでしょう。
仕上がりはとても自然で、すっきりとした優しい印象に変わる方が多くいます。小鼻の張りに加え鼻先の丸さや低さが気になる方は、鼻先形成と組み合わせて施術することで、よりバランスよく美しく仕上がるでしょう。

鼻先形成(鼻尖形成)

鼻先形成は次の2種類の方法で、鼻を美しく形成します。


・鼻の中から鼻先の軟骨を微調整することで、鼻先をすっと細く仕上げる方法
・鼻先にもともとボリュームがなく低い場合に、耳の後ろの見えにくい場所から軟骨を取り、それを鼻先に移植することで鼻に高さをだす方法


手術跡は外からはみえないため、気付かれることはないでしょう。耳の後ろから軟骨を取った場合も、他人からはほとんどわかりません。どちらも仕上がりはとても自然で、鼻の低い方特有のあどけなさが消え、上品で大人っぽい印象に変わる方が多いようです。鼻先に加え小鼻が目立つ方は、小鼻縮小と組み合わせることで、バランスの取れた美しい鼻に整うでしょう。

小鼻縮小・鼻先形成はこんな方にオススメです

小鼻縮小の施術方法


小鼻縮小の皮膚を切る施術では、内側法、外側法、フラップ法があります。
それぞれについて解説していきます。

小鼻縮小の「皮膚を切る方法」

・フラップ法
・内側法
・外側法

フラップ法

小鼻の横幅を縮小する手術方法をフラップ法といいます。フラップ(皮弁)とは、血流のある皮膚や皮下組織、深部組織を移植する手術方法のことで、切除する皮膚を一部残して弁状に形成します。内側法と組み合わせて、狭まった鼻を広がりにくくする効果が期待できますが、皮弁が鼻柱の下で交差することで、少し盛り上がって見える可能性もあります。

内側法

内側法は、小鼻の外側に傷を残さず鼻の横幅を狭くする手術方法です。鼻の穴の中で小鼻を切り取り、小鼻を小さくします。小鼻の付け根の幅が広く、狭くしたい方におすすめです。内側法(外側法、フラップ法も同様)では、狭くしたいためにやりすぎて、鼻孔(鼻の穴)が小さくなりすぎると、見た目のバランスが悪くなることに加え、空気の通りにも影響を与えることがあります。どの程度まで施術を行うか、専門医とよく相談しましょう。

外側法

外側法は小鼻自体の大きさを小さくする手術方法です。小鼻の外側を切り取リ、鼻の組織の量を減らすことで小さくします。小鼻が大きい、または外への張り出しが気になる方におすすめです。外側法で切り取る量が多すぎると、小鼻の形が真っ直ぐになりすぎて、見た目が悪くなることもあります。また、一度切り取った組織は元に戻すことができません。他の方法と同様、専門医とよく相談して決めるようにしましょう。

ダウンタイムはどれくらい?施術後のメイクは大丈夫?


鼻先形成は手術直後から4~5日間、固定をします。小鼻縮小(は手術後、2~3日、腫れが出る場合があります。腫れが気になる方は、長期休暇等を利用されることをおすすめいたします。また、お帰りの際のために、マスクなどをご持参頂くとよいでしょう。
手術当日から鼻の回り以外のメイクや洗顔は可能ですが、鼻を含めた洗顔は抜糸後に行うようにしてください。シャワーは、手術当日から浴びることができます。抜糸は術後の経過をみて、1週間前後で行います。

施術の流れ

1.外側切開と内側切開のそれぞれの場合で、皮膚の大きさに合わせて小鼻にデザインする

2.皮膚を切り取って止血する

3.フラップ法を用いる場合は、切り取る皮膚を一部残し、フラップ(皮弁)を形成する

4.フラップを鼻孔まで通して、糸で固定する

5.皮膚を縫い合わせて手術は終わり


施術後1週間ほど経過してから、抜糸と状態の確認をおこないます。それ以降も、状態を確認するために定期健診をおこないます。詳しい流れについては、クリニックで確認しましょう。

小鼻縮小・鼻先形成の値段

一般的なクリニックでの小鼻縮小・鼻先形成の値段は、30万~50万ほどです。クリニックや施術の種類、組み合わせによっても値段は異なります。また、モニター価格で、通常よりも安く受けられるクリニックもあります。詳しい料金については、ご希望のクリニックで確認しましょう。

渋クリの料金表

施術名 料金(税別)
小鼻形成(小鼻縮小)
¥ 345,000
鼻先形成
¥ 460,000
渋クリの料金表

小鼻縮小・鼻先形成で理想の鼻を実現したい方は、一度クリニックへご相談を

今回は、小鼻縮小と鼻先形成の手術の特徴や、ダウンタイム、手術方法から値段までご紹介しました。鼻先が丸い、小鼻を小さくしたいなど自分の鼻の形で悩んでいる方は、まずは一度、専門医に相談してみることをおすすめします。渋クリでも、無料でカウンセリングを受けることができます。小鼻縮小や鼻先形成が気になる方は、お気軽にご相談ください。

渋クリのホームページをチェック

各治療は自由診療のため保険は適用されません