PRP注入皮膚再生療法(血小板治療) | 渋谷美容外科クリニック

総合受付0120-355-311

PRP注入皮膚再生療法(血小板治療)先端の注入式皮膚再生によるアンチエイジング

渋谷美容外科クリニックHOME > 施術一覧 > PRP注入皮膚再生療法(血小板治療)

PRP皮膚再生療法とは?肌への効果や副作用について徹底解説!


肌のシワやたるみ、ニキビ跡の修復など肌への美容効果の高さから話題になっているPRP皮膚再生療法。PRPとは自身の血液内に含まれる自然治癒成分のことを指します。実際、どれほどの効果があるのか写真付きで紹介するとともに、気になるお値段や副作用などのリスクについてもご紹介します。

料金表はこちら

PRP注入皮膚再生療法(血小板治療)とは?

PRPはPlatelet-rich plasma(多血小板血漿)の略称で、血液中に含まれている血小板を豊富に含んだ成分のことを指します。血小板には、体の中の細胞を活性化(元気にする)し、傷を治す働きがあり、この自然治癒成分を肌のエイジングケアに利用する医療行為をPRP注入皮膚再生療法と呼びます。PRPの働きにより、肌のシワ・たるみ、ニキビ跡の改善などの効果が期待できます。

PRP注入皮膚再生療法の仕組み

血小板から放出される各種増殖因子

擦り傷や切り傷の様なケガを負った際、傷口にかさぶたができ、自然に治癒することがほとんどだと思います。この自然治癒の働きをするのが血小板の効果。傷んだ成分を回復させる治癒能力が多く含まれる成分を抽出し、肌組織の皮膚細胞の治癒に利用するのがPRP注入皮膚再生療法の仕組みです。

血小板には肌全体の治癒能力を向上させる6つの成長因子が含まれており、気になる箇所に注射することで肌細胞の治癒効果を促します。

PRP注入皮膚再生療法(血小板治療)は厚生労働省の認可が必要

PRP抽出皮膚再生療法(血小板治療)を含む再生医療は、近年確立された比較的新しい医療行為です。様々な病気への治療に有効ではあるものの、安全性を十分に確保する必要があり、全ての医療機関で施術ができるわけではありません。

PRP皮膚再生療法を提供するためには、厚生労働省より「再生医療等安全性確保法第40条1項に規定される細胞培養加工施設の届出機関」に認定される必要があります。

渋谷美容外科クリニック(渋谷院・池袋院・横浜院)は、自己多血小板血漿(PRP)を用いた美容療法において、再生医療等安全性確保法第40条1項に規定される細胞培養加工施設の届出機関です。

PRP注入皮膚再生療法の美容効果

PRPを肌に注入することで得られる主な効果
・頬の小ジワの改善
・肌の張り・軟らかさの増加
・ニキビ痕の改善
・毛穴の縮小
・手の甲のシワの改善
・首のシワの改善
・肝斑の改善

PRPを注入した箇所の皮膚細胞が活性化され、目の下のくぼみ、クマ、たるみ、シワ、ほうれい線、凸凹肌、ニキビ跡の改善などにも効果的。また、首、手の甲など、年齢の出やすい箇所のエイジングケアにも有効性があります。

PRP注入皮膚再生療法(血小板治療)のビフォーアフター

PRP注入皮膚再生療法(血小板治療) NO.001 Before:施術前
スPRP注入皮膚再生療法(血小板治療) NO.001 After:施術後

PRP療法に失敗はあるのか?副作用について

PRP療法は、ご自身の血液から抽出した成分を利用するため、アレルギー反応や拒絶反応による治療の失敗はほとんどありません。また、人工物による薬品で栄養分を与える治療ではありませんので、それらに起因する感染症やアレルギーでの副作用の心配もありません。 ただ、注射後3日~4日間は、患部にかゆみや赤み、腫れなどを伴う場合がありますが、それらの症状は時間とともに治りますので大事に至ることはありません。

ヒアルロン酸注射とPRP皮膚再生療法の違い

肌のシワやたるみ改善など効果が似ているヒアルロン酸注射とPRP皮膚再生療法。それぞれをメリット・デメリットについて解説します。

ヒアルロン酸注射のメリット・デメリット

メリット デメリット
・短時間で効果が実感できる
・価格が比較的安い
・肌そのものの再生効果はない
・持続期間が数ヶ月
・4ヶ月~6ヶ月後には成分が体内に吸収される
・アレルギー(副作用)の可能性がある
ヒアルロン酸注射について詳しくはコチラ

PRP皮膚再生療法のメリット・デメリット

メリット デメリット
・自身の血液を成分として利用するため、安全性が高い
・肌そのものの再生効果がある
・効果の持続期間が長い
・即効性がないため、効果を実感するために数ヶ月は必要になる
・鼻や顎などには利用できない
・価格が高い

PRP注入皮膚再生療法の流れ

当日の流れ 内容
①麻酔 クレンジング後、治療部位に麻酔クリームを塗り1時間ほど待っていただきます。
②採血 治療箇所1箇所につき10cc、肘の静脈から特別なチューブで採血します。(顔全体では20cc 必要になります)
③抽出 チューブを遠心分離し、血小板の詰まったPRPを清潔に取り出します。
④注入 PRPを肌の老化の気になる部位に、少しずつ注射していきます。PRPの注入自体は15分程度で終わります。
⑤施術修了 ご希望でしたら化粧をして帰宅できます。

※PRP注入治療ご希望の方は、まず予備的な採血(3cc)をさせていただいて、貧血がないかどうかのチェックさせていただきます。(別途料金必要)

渋谷美容外科クリニックでの「PRP注入皮膚再生療法(血小板治療)」の値段

部位 値段(税別)
顔全体 230,000円
目元 172,500円
ほうれい線 172,500円

PRP注入皮膚再生療法(血小板治療)の値段は、医療機関により異なるため事前にしっかりと確認することをおすすめします。

渋クリのPRP皮膚再生療法の場合は、顔全体への治療は230,000円。また、目元やほうれい線といった気になる箇所のみへの治療も可能です。

※現在、渋谷美容外科クリニックでは渋谷院、池袋院、横浜院でのみPRP注入皮膚再生療法(血小板治療)を行っております。

その他の美容治療の値段についてはコチラ

肌のエイジングケアに高い効果を持つPRP皮膚再生療法

目の下などのデリケートな部分の小ジワの改善はもちろん、首、手の甲など、年齢の出やすい箇所のエイジングケアにも大変高い効果を発揮するPRP皮膚再生療法。自身の血液を遠心分離させ、血小板を豊富に含んだ成分PRP(多血小板血漿)を治療に利用します。人工物による薬品で栄養分を与える美容治療ではないため、アレルギー反応などの副作用の心配もなく、安心して治療を受けることができるメリットも。

PRP皮膚再生療法に興味のある方はぜひ渋クリの無料カウンセリングにお越しください。またオンライン相談も行っていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

渋クリの無料カウンセリングはこちら

この施術の診療クリニック渋谷池袋横浜

料金表はこちら

各治療は自由診療のため保険は適用されません