【ヘリオケア(内服・外用)】料金、効果について | 渋谷美容外科クリニック

総合受付0120-355-311

【ヘリオケア(内服・外用)】料金、効果について 紫外線ダメージを体内で抑える飲む日焼け止め

渋谷美容外科クリニックHOME > 施術一覧 > 【ヘリオケア(内服・外用)】料金、効果について

ヘリオケア(内服・外用)はこんな方におすすめです

ヘリオケア(内服・外用)

「ヘリオケア」とは?

ヘリオケア


ヘリオケアとは、肌の内側から紫外線によるダメージを防ぐことが出来る、飲む日焼け止めです。主成分はシダ植物の一種「ファーンブロック」で、日焼けによる赤みや皮膚の損傷を守る効果があります。塗る日焼け止めだけでカバーできないダメージを、体内から軽減し、シワやたるみなどの光老化を予防できます。

塗る日焼け止めは汗や水で落ちる可能性があり、時間が経つと塗り直しも必要なため、飲む日焼け止めが注目されてきています。


主に女性に使用されていますが、男性でももちろん使用できます。最近は日焼けをしたくないと考える男性も多いため、性別に関係なくおすすめです。

ヘリオケアの種類

ヘリオケアにはサプリの内服、ジェルオイルの外用の2種類があります。内服、外用を併せて使用することで、より日焼けや光老化への効果を得ることができます。


ヘリオケア内服

塗るサンスクリーン剤だけでは防ぎきれない紫外線ダメージを、服用することで体内から軽減して、光老化(シワ、たるみ、皮膚癌等)を予防します。 日焼けの予防はもちろん、日焼けによる炎症や赤みの予防、特にUV-A波を効果的に防御することにより光老化を軽減します。


ヘリオケア外用

オイルフリーでSPF90(SPF50+)という高い紫外線ブロック効果ながら、毛穴を詰まらせず肌にやさしい、ジェルタイプの塗るヘリオケア。 強力な日光や長時間にわたる日光照射を受ける場合に限らず、美容皮膚科治療中の肌のための高度な日光防御にも適しています。

ヘリオケアの副作用

ヘリオケアは医薬品ではなくサプリメントとして販売されています。
主成分はシダ科の植物から抽出されたFernblock(ファーンブロック)。
シダ植物はアトピー性皮膚炎や乾癬などの治療に長期的に使用されていますが、現在まで副作用の報告はありません。
また、その他の成分も化学薬品は使用されていません。

ヘリオケアの効果

ヘリオケアは、日焼け予防はもちろんのこと、以下のような肌を美しく保つために嬉しい効果があります。

・抗酸化作用
・免疫防御作用
・皮膚構造維持作用
・DNA保護作用


抗酸化作用

肌のシミは、紫外線を浴びた肌が活性酸素を生成して、過剰に排出されたメラニンが排出されないことで作られます。
ヘリオケアの主成分である「ファーンブロック」は強い抗酸化作用があることから、活性酸素の発生を抑制し、シミを予防してくれます。


免疫防御作用

紫外線を浴びると肌の免疫機能の維持に必要なランゲルハンス細胞が減少してしまいます。
ヘリオケアは、このランゲルハンス細胞の減少を緩和する効果があり、肌の免疫機能を維持することに役立ちます。


皮膚構造維持作用

紫外線を浴びることにより出来るシワやシミの原因は、線維芽細胞の損傷・MMP(マトリックス分解酵素)の増加です。また紫外線を浴びすぎることによって皮膚が肥厚や、弾力が失われることもあり、これらを光老化と呼びます。

ヘリオケアは、線維芽細胞の損傷の軽減、MMPの抑制により、肌のコラーゲンを保護し、光老化により起こる、シワ、シミなどを防ぐことが可能になります。


DNA保護作用

紫外線を受けることによって、肌のDNAも損傷してしまいます。しかし、ヘリオケアの主成分であるファーンブロックによって、この損傷を減少させることができます。
特に、長期間に渡る皮膚損傷とされる光老化や皮膚がんに対して、危険な放射線であると言われている紫外線A波を防御する効果があります。
ヘリオケアで皮膚がんを予防し、良い状態の肌を保つことができるでしょう。

ヘリオケアの飲み方や使用方法

ヘリオケアは外用と内用があります。 それぞれの使用方法を理解して服用することが大切です。


ヘリオケア(内服)の使用法

日光を浴びる30分前に1カプセル内服することで、日焼けを抑制できます。
持続時間は約4時間です。効果を持続させたい場合には、4時間後にカプセルを追加服用してください。
また、1日に2カプセルまでを目安に内服しましょう。
さらに美白目的のため内服する場合は、朝1カプセルを内服します。


ヘリオケア(外用)の使用法

メイクアップ前に顔全体や、腕、肩などに塗布します。日差しが強い場合は、2~3時間ごとに塗りなおす必要があります。

ヘリオケアの偽物に注意!

ヘリオケアは海外サプリのため、出回っているものが本物なのか、もしかしたら偽物ではないかと不安に感じる方も多いのではないでしょうか。
また、紫外線や日焼けに敏感な女性の間で人気商品のため、偽者が出回っている可能性もあります。
ヘリオケアの服用を検討している際は知らないところで購入するのではなく、医療機関で購入することをおすすめします。

飲む日焼け止め「ヘリオケア」を服用する際は、クリニックへの相談がおすすめ!

ヘリオケアは飲む日焼け止めとして知られています。日焼け対策だけでなくシワやたるみといった肌老化を予防することから、エイジングケアとしても効果的です。

ヘリオケアの主成分であるファーンブロックは、シダ植物から抽出されています。このシダ植物はアトピー性皮膚炎・乾癬などの治療に長期的に使用されていますが、現在まで副作用の報告はないことから、安心して使用することができるでしょう。 しかし、ヘリオケアの偽物も出回っていますので、購入の際は気をつける必要があります。

渋クリでは、診療を受けてからヘリオケアを販売しているので、安心して購入して使うことができます。ヘリオケアについて興味がある、また服用してみたいと考える方は、ぜひ渋クリにご相談ください。


簡単!渋クリの無料オンライン相談はこちら

ヘリオケア(内服・外用)の料金表

部位対象 回数/単位 料金(税込)
ヘリオケア(内服・外用) ヘリオケア内服(30カプセル)
¥ 4,950
ヘリオケア外用(50ml)
¥ 4,400

内服・コスメのおすすめのメニュー

センシル(C’ensil VC-30)

センシル(C’ensil VC-30)がおすすめの方

センシル(C’ensil VC-30)

  • シミを改善したい
  • ニキビを改善したい
  • シワを改善したい
  • タルミを改善したい
  • くすみを改善したい
  • 肌荒れを改善したい

ラシャスリップス

ラシャスリップスがおすすめの方

ラシャスリップス

  • 手軽に唇をボリュームアップさせたい
  • 唇の縦ジワが気になる
  • 唇へのヒアルロン酸注入の効果を高めたい

ヘリオケア(内服・外用)の症例写真

施術の流れ

  • STEP
    1
    カウンセリング予約

    下記ボタン、またはお電話からカウンセリング日時をご予約ください。

    ・お電話でのご予約は0120-355-311(11:00~19:00)

    ・WEBからのご予約はこちらから

    STEP1 予約申し込み

  • STEP
    2
    カウンセリング

    患者様のお悩みやご希望を伺いながら治療をいたします。
    ご不明な点などがあれば、お気軽にご相談ください

    STEP2 カウンセリング

  • STEP
    3
    ドクターカウンセリング

    ドクターがカウンセリングいたします。あなたのお悩みやご希望を、できるだけ詳しく具体的にお聞かせください。
    ご希望される施術方法と患者様の体質・体形・生活環境・症例写真やシミュレーションを先に、あなたに手術方法をわかりやすく丁寧に説明します。

    STEP3 施術・照射

  • STEP
    4
    施術

    お悩みをお伺いし、適切な薬剤を塗布して機会をあてます。
    ご希望であれば麻酔(別途料金)を併用し、痛みを和らげることもできます。

    STEP4 施術終了

よくある質問

  • Q.text

    A. text

  • Q.text

    A. text

  • Q.text

    A. text

使用する医療機器・医薬品について

  1. 日本国内においては、医薬品医療機器等法上の承認は取得していません。
  2. 医師等が、個人輸入により入手したものです。
    ※ご参考:個人輸入に関する厚生労働省の案内
    https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/
  3. 同一の成分・性能を有する、他の国内承認医薬品等はありません。
  4. 重大な副作用などが明らかになっていない可能性があります。

SHIBUCLI CLINIC

医師監修について

渋谷美容外科クリニックには様々な科目の専門医・医学博士が在籍しています。

渋谷美容外科クリニックには、日本形成外科学会 形成外科専門医、麻酔科標榜医、
日本美容皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会会員、日本美容外科学会、
国際形成外科学会会員、日本頭蓋顎顔面外科学会会員など様々な科目の専門医等が
在籍しており、監修のもと運営を行っております。

池袋院 院長 峯岸 季清

池袋院 院長
峯岸 季清

渋谷院 院長 中島 透

渋谷院 院長
中島 透

渋谷院 副院長 野口 なつ美

渋谷院 副院長
野口 なつ美

新宿院 院長 野口 道男

新宿院 院長
野口 道男

横浜院 院長 松田 秀則

横浜院 院長
松田 秀則

新橋院 院長 楊 美優

新橋院 院長
楊 美優

施術LIST

各治療は自由診療のため保険は適用されません