シミ取りレーザー | 渋谷美容外科クリニック

総合受付0120-355-311

シミ取りレーザー

渋谷美容外科クリニックHOME > 施術一覧 > 【シミ取り放題(10個まで)】料金、効果について > シミ取りレーザー

シミ取りレーザーとは?
その種類や、失敗しないための選び方をご紹介

シミ取りレーザーとは?その種類や、失敗しないための選び方をご紹介

年齢を重ねるにつれ増えるシミ。気になりつつも、シミ取りレーザー治療に踏み出せない方は多いのではないでしょうか。そもそも、シミ取りレーザーとはどういう効果があるのか、分かりにくいですよね。そこで今回は、シミ取りレーザーの料金や選び方のポイント、ダウンタイムやかさぶたになる可能性について解説していきます。

この記事の監修者

監修者:渋谷院 副院長 野口 なつ美

記事監修
渋谷院 副院長
野口 なつ美

経歴

  • 2002年03月 慶應義塾大学環境情報学部卒業
  • 2009年03月 東京医科歯科大学医学部医学科卒業
  • 2010年04月 東京医科歯科大学医学部付属病院 研修医
  • 2011年04月 日産厚生会玉川病院 研修医
  • 2012年04月 東京医科歯科大学皮膚科 勤務
  • 2012年09月 台東保健所保健予防課・保健サービス課 兼務
  • 2013年09月~都内大手美容外科・皮膚科に勤務
  • 2015年01月 渋谷美容外科クリニック渋谷院 副院長就任

所属学会

  • 日本美容皮膚科学会会員
  • 日本抗加齢医学会会員
目次
  1. シミ取りレーザーとは?
  2. シミ取りレーザーはこんな方におすすめ
    1. こんな方はシミ取りレーザーの施術を受けられないかも
  3. あなたのシミは何タイプ?知っておきたい主なシミの種類5つ
  4. 【シミの種類別】おすすめシミ取りレーザー機器3選
    1. 一般的なシミやそばかすにおすすめ「Qスイッチヤグ(YAG)レーザー」
    2. 肝斑(かんぱん)におすすめ「レーザートーニング(美白トーニング)」
    3. ニキビ跡の改善や肌全体の透明感アップ!「ヴィーナスヴェルサ(IPL)」
  5. シミ取りレーザーのダウンタイム
  6. シミ取りレーザーの気になる料金相場
    1. 渋クリのシミ取りレーザー料金
  7. 失敗しない!シミ取りレーザーの選び方
    1. 信頼できる医師のいるクリニックを選ぶ
    2. アフターケアの整ったクリニックを選ぶ
    3. シミの種類に合った施術を選ぶ
  8. シミ取りレーザー施術の主な流れ
    1. 「Qスイッチヤグ(YAG)レーザー」施術の主な流れ
    2. 「レーザートーニング」施術の主な流れ
    3. 「ヴィーナスヴェルサ(IPL)」施術の主な流れ
  9. シミ取りレーザー施術後のアフターケア
    1. 施術当日の化粧・メイクは可能
    2. 施術当日のシャワー・洗顔・洗髪・入浴は優しく
    3. 日焼け対策を徹底
    4. 保湿を一層念入りに
  10. シミ取りレーザーに関するよくある不安や質問
    1. Q.シミを完全に取りたい場合、何回ほどシミ取りレーザーを行えばよい?
    2. Q.シミ取りレーザーをするとシミが濃くなる?
    3. Q.レーザー施術ってやっぱり痛い?
    4. Q.シミ取りレーザーで取れたシミが復活することはない?
  11. 正しい知識をもとに、自分に合ったシミ取りレーザーを選択しよう

シミ取りレーザーとは?

  • シミが出来ている異常細胞のみを破壊する
  • 正常な細胞はなるべく傷付けない
  • セルフケアが難しい濃いシミも短期間で治療できる

シミ取りレーザーとは、レーザー光線によってシミの原因となるメラニン色素を破壊し、シミを消す施術のことを言います。シミ取りレーザーで使用する光の波長はシミができている異常細胞のみを破壊するので、正常な細胞を傷つけることはありません。

シミ取りレーザーはこんな方におすすめ

シミ取りレーザーはこんな方におすすめ

  • シミを短期間で消したい方
  • そばかすが気になる方
  • ニキビ跡にお悩みの方
  • 肌のクスミが気になる方
  • 毛穴の開きが気になる方

一度できてしまったシミは、セルフケアではなかなか完治させることができないと言われています。もし、以下のようなことが気になる場合は、レーザー治療がおすすめです。

シミ・くすみが気になる方向けには、シミ取りレーザー以外にも多くの施術があります。
それぞれの施術で経過がわかるように写真を掲載しているので、気になる方はこちらもチェックしてみてください。

こんな方はシミ取りレーザーの施術を受けられないかも

  • 複数回の通院ができない方
  • 副作用が気になる方
  • 持病がある方や薬を飲んでいる方
  • 妊娠中・授乳中の方
  • 未成年の方(親権者の同伴が必要)

シミ取りレーザーは、治療方法によっては複数回の施術や経過観察が必要です。そのため、定期的に通院できない方は施術を受けられない場合があります。また、一時的にシミが濃くなるなど副作用が出る場合もあるので、ダウンタイムが気になる方も要注意です。

なお、持病がある方や薬を飲んでいる方、妊娠中・授乳中の方も施術を受けられないことがあります。未成年に関しては親権者の同伴が必要なことが多いです。

あなたのシミは何タイプ?知っておきたい主なシミの種類5つ

シミの種類 特徴
老人性色素斑
(一般的なシミ)
紫外線により肌のメラノサイトが刺激されると、シミの元となるメラニン色素が増えます。肌の新陳代謝が衰えるとメラニン色素が蓄積しシミとなって現れます。
肝斑 肝斑は、アジア人女性に多く見られるシミの一種で、両頬に同じようにできるのが特徴です。メイクやクレンジングによる刺激が原因と言われています。
炎症後色素沈着
(ニキビ痕)
やけどや外傷、ニキビなどによる炎症が起きた後に肌内部にメラニンが溜まってしまう状態です。茶褐色や灰褐色、紫褐色のシミのような跡が残ります。
脂漏性角化症 30~40代以上に出現する皮膚良性腫瘍で、別名老人いぼとも言います。大きさは直径数ミリ~2.3センチ程度で、日光露出部に多く見られます。
雀卵斑
(そばかす)
顔や腕などの日光露出部に多く出現する小さなシミのことです。遺伝的な要因で発生すると言われており、白人に多く見られます。日本人では色白な人にできやすい傾向があります。

シミには様々な種類があり、改善する方法はそれぞれ異なります。まずは、自分のシミの種類を知り、適切な方法で対処していくことが大事です。しかし、シミの種類を特定するには専門的な判断が必要なため、自己判断ではなく医師に診断してもらい、特定していきましょう。

【シミの種類別】おすすめシミ取りレーザー機器3選

シミの種類 おすすめレーザー機器
  • シミやそばかす、アザを除去して美白を目指したい
  • アートメイクを除去したい
  • 毛穴を引き締めてなめらかな肌にしたい

具体的な症状
老人性色素斑(シミ)/そばかす/肝斑

Qスイッチヤグ(YAG)レーザー
  • どうやっても取れないシミや肝斑がある
  • くすみを除去してトーンアップしたい
  • 肌に負担をかけずに治療したい

具体的な症状
肝斑、老人性色素斑(シミ)/そばかす/炎症後色素沈着(ニキビ痕)

レーザートーニング
  • シミやそばかす、毛穴の開きを改善したい
  • 赤ら顔を改善したい
  • 肌質改善と老化防止をしたい

具体的な症状
炎症後色素沈着(ニキビ痕)/顔全体の赤み/老人性色素斑(シミ)/そばかす

ヴィーナスヴェルサ(IPL)

シミ取りレーザー機器にはさまざまな種類があり、シミの種類や目的によって適しているものが異なります。ここではシミの種類別におすすめのシミ取りレーザー機器を3つ紹介します。

一般的なシミやそばかすに!「Qスイッチヤグ(YAG)レーザー」

「Qスイッチヤグ(YAG)レーザー」はこんな方におすすめ!
  • シミやそばかす、アザを除去して美白を目指したい
  • アートメイクを除去したい
  • 毛穴を引き締めてなめらかな肌にしたい

特徴
  • レーザー出力の調整により、メラニン色素の破壊から毛穴の縮小まで対応
  • シミ・そばかすだけでなく、毛穴縮小やアザ・アートメイクにも効果あり
施術回数 1回でも効果を感じやすい
副作用 赤み・熱感・痒み・痛み・乾燥など
料金相場 ¥3,850~¥227,700(施術範囲により異なる)

一般的なシミやそばかすにおすすめなのが「Qスイッチヤグ(YAG)レーザー」による治療です。皮膚の深層部から浅い部分まで、異常な色素だけを強力に除去することができます。入れ墨やアートメイクの消去や、毛穴の引き締めにも効果的です。

【Before・After】Qスイッチヤグレーザーの施術による治療の経過写真
Before After
Qスイッチヤグレーザー NO.001 Before:施術前
Qスイッチヤグレーザー NO.001 After:施術後
渋クリの「Qスイッチヤグ(YAG)レーザー」の
詳細と金額表はこちら

肝斑(かんぱん)に!「レーザートーニング(美白トーニング)」

「レーザートーニング」はこんな方におすすめ!
  • どうやっても取れないシミや肝斑がある
  • くすみを除去してトーンアップしたい
  • 肌に負担をかけずに治療したい
特徴
  • メラニン吸収特性を持つ波長で肝斑やシミ・クスミを改善
  • 肌負担の少ない優しい照射なのでダウンタイムほとんどなし
施術回数 3回目から効果を感じやすい
副作用 赤み・かゆみ・ニキビなど
料金相場 ¥33,000~¥352,000(施術範囲により異なる)

肝斑におすすめなのは「レーザートーニング(美白トーニング)」による治療です。肌の中に滞留しているメラニンを少しずつ壊し、メラノサイトに刺激を与えることなく治療を進めることができます。

【Before・After】レーザートーニングの施術による治療の経過写真
Before After
美白トーニング  NO.001 Before:施術前
美白トーニング  NO.001 After:施術後
渋クリの「レーザートーニング」の
詳細と金額表はこちら

ニキビ跡の改善や肌全体の透明感アップ!「ヴィーナスヴェルサ(IPL)」

「ヴィーナスヴェルサ(IPL)」はこんな方におすすめ!
  • シミやそばかす、毛穴の開きを改善したい
  • 赤ら顔を改善したい
  • 肌質改善と老化防止をしたい

特徴
  • 様々な特性を持つ光照射により肌トラブルを改善
  • 赤みだけでなくシミやくすみなどの肌トラブル全般に効果的
施術回数 一回でも効果を感じやすい
痛み・
副作用
赤み・熱感・かゆみ・痛み・乾燥・発熱など
料金相場
(1回)
¥10,780~¥231,000(施術範囲により異なる)

炎症後色素沈着(ニキビ炎症後の赤み)が気になる方は、シミやそばかす、日焼け跡にも効果的な「ヴィーナスヴェルサ(IPL)」による治療がおすすめです。

【Before・After】ヴィーナスヴェルサ(IPL)の施術による治療の経過写真
Before After
フォトトリートメント(メディラックス) NO.001 Before:施術前
フォトトリートメント(メディラックス) NO.001 After:施術後
渋クリの「ヴィーナスヴェルサ(IPL)」の
詳細と金額表はこちら

シミ取りレーザーのダウンタイム

シミ取りレーザーの施術後は、肌の状態が正常に戻るまで7日~10日程度要する可能性があり、これをダウンタイムと呼びます。

シミ取りレーザーの場合、ダウンタイムで腫れるなどはあまりないですが、かさぶたや赤みなどが生じることはあります。かさぶたは無理に剥がさず自然にとれるのを待てば、やがて綺麗な状態の皮膚が出てきます。赤みはできるだけ触らないように注意し、自然に引いていくのを待ちましょう。

シミ取りレーザーの気になる料金相場

治療にかかる料金は、シミのサイズやレーザーの種類によっても異なります。おおよその相場は3,000円代~で、意外とリーズナブルに済むケースもあります。
しかし、シミ取りレーザー治療は保険適応外の自由診療なので、クリニックによって料金設定は異なります。事前に十分に相談しながら、自分にとって最適な治療法を見つけていきましょう。

渋クリのシミ取りレーザー料金

施術名 部位対象 料金(税込)
Qスイッチヤグレーザー 顔全体 ¥22,000
レーザートーニング 顔全体 ¥44,000
ヴィーナスヴェルサ(IPL) 顔全体 ¥44,000

今回ご紹介した3つのシミ取りレーザー施術の値段を一部記載しています。記載した値段以外でも渋クリでは様々なプランをご用意しています。鼻や頬などの特定の部位に特化したプラン、複数部位をセットにしたプラン、5回・10回の施術がおこなえるお得なプランもございますので、気になる方は以下のリンクよりご確認下さい。

失敗しない!シミ取りレーザーの選び方

失敗しないためのシミ取りレーザーの選び方

残念ながら、世間ではシミ取りレーザーによるトラブルも多く、失敗した」と感じる方もいるようです。国民生活センターによれば、施術内容の中では「しわ取り」、「たるみ取り」、「しみ取り」の順に相談件数が多かったという報告もあります。
シミ取りレーザー失敗のリスクを避けるために、以下のような点を押さえておきましょう。

信頼できる医師のいるクリニックを選ぶ

シミ取りレーザーは技術が必要な施術です。信頼できる医師を選ぶため、症例の数等を事前にホームページで確認しておきましょう。経験や実績については、基本的にクリニックのWebサイトに症例数や症例フォトとして掲載してあります。
また、カウンセリングの丁寧さも重要なポイントです。不安な点は納得がいくまで相談しましょう。口コミを参考にして、満足度が高いかどうかを把握することもおすすめします。

渋クリでは、「初診料」「カウンセリング」をすべて無料サービスさせていただいています。施術を検討中の方はお気軽にご相談ください。

シミ取りレーザーについて無料で相談してみる

アフターケアの整ったクリニックを選ぶ

シミ取りレーザーによる治療後は、「ダウンタイム」という肌が正常な状態に戻るまでの期間があります。ダウンタイムは長いと約2週間程度で、肌が不安定なこの期間の過ごし方には注意が必要です。強い紫外線を浴びたり摩擦を加えて刺激を与えてしまったりすると、シミが濃くなる可能性もあります。アフターケアへの対応や説明がしっかりと行われるクリニックを選びましょう。

シミの種類に合った施術を選ぶ

シミの種類に適した治療を選択しないと、改善には至らない可能性があるので注意が必要です。レーザーが弱すぎるとメラニン色素を破壊することができませんが、逆に強すぎると火傷や水ぶくれとなり跡に残ってしまう恐れがあります。施術前に、医師によるカウンセリングをしっかりと受けましょう。

シミ取りレーザー施術の主な流れ

STEP シミ取りレーザー治療の流れ
① カウンセリング・診断 どのシミ取りレーザー治療が最適かどうかシミの種類・肌の状態を確認します。施術前に肌の状態をしっかりと確認しておくことで、副作用のリスクを軽減できます。
② 洗顔 お化粧をしている場合はしっかりと落とします。化粧品に含まれる成分がレーザーの熱や光に反応することによる肌トラブルを防ぎます。
③ レーザー照射 痛みや皮膚の状態に合わせて、適切な出力でレーザーを照射します。詳細はよってレーザーの種類によって異なります。
④ アフターケアの説明 シミレーザー治療後には、保湿や痛み止めのためのクリーム・軟膏等が処方されることもあるため、きちんと用法・用量を守って塗りましょう。
⑤ お化粧直しをして帰宅 メイクルームでお化粧直しをしてご帰宅いただけます。ただし、治療内容によっては施術直後のお化粧をおすすめできない場合もあります。

「Qスイッチヤグ(YAG)レーザー」施術の主な流れ

2つの波長(532nm/1064nm)を使い分け施術を行います。ほぼ一回の施術でシミやそばかす、アザの除去が可能ですが、シミが厚い場合は2回かかることもあります。施術後は一時的に濃くなったように見えることがありますが、1~2週間後以降かさぶたになり徐々にはがれ落ちます。

「レーザートーニング」施術の主な流れ

1週間程度の間隔をあけ複数回の施術を行います。治療回数は肌症状により異なりますが、目安は5~10回程度です。ダウンタイムはほとんどありませんので、当日から洗顔や入浴も可能です。ただし、ニキビや湿疹などの副作用が出ることがあるため治療後は保湿を入念にしてください。

レーザートーニングの施術シーンを動画で見る

「ヴィーナスヴェルサ(IPL)」施術の主な流れ

3週間から1ヶ月ほど間隔をあけて1~数回の治療を行います。大きな照射口を持っているため1回あたりの治療がとても早いのが特徴です。照射後は多少赤みが出ることがありますが、半日~1日程度でおさまります。メイクは施術直後から可能です。

シミ取りレーザー施術後のアフターケア

施術後は肌が刺激を受けやすく、紫外線化粧品等の刺激に注意が必要 です。強い刺激は色素沈着を招き、濃いシミができてしまうなど最悪の場合、施術前よりも症状が悪化してしまうことも。シミ取りレーザーの施術後は適切なアフターケアをおこないましょう。

当日の化粧・メイクは可能

メイク・化粧については当日からしていただくことが可能です。しかし、前述した通り肌の状態が正常に戻るまで7日~10日は必要。赤みや痛みが治まってからされることをオススメしています。

当日のシャワー・洗顔・洗髪・入浴は優しく

当日から可能ですが施術箇所は刺激を受けやすくなっています。特に洗顔をする際は、優しい力でおこなうようにしましょう。

日焼け対策を徹底

施術後に日焼け対策を怠ってしまうと、色素沈着を引き起こすため十分に注意が必要です。施術により薄くなったシミなどが再び目立つようになる場合もありますので、施術後の日焼け対策は念入りにおこなって下さい。治療効果を持続させるためにも、外出の際は必ず日焼け止めを使用しましょう。

保湿を一層念入りに

レーザー照射後のデリケートなお肌には保湿が一層大切です。低刺激のローションやクリームを選んでください。

シミ取りレーザーに関するよくある不安や質問

シミ取りレーザーは痛みや副作用などさまざまな不安を持つ人も少なくありません。そこで最後にシミ取りレーザーに関してよくある質問にお答えします。

シミを完全に取りたい場合、何回ほどシミ取りレーザーを行えばよい?
シミの種類や大きさ、対応するレーザー機器によって異なります。

1度で結果が出やすいのは紫外線や加齢による一般的なシミ・そばかすを対象とした「Qスイッチヤグ(YAG)レーザー」によるシミ取りです。ニキビ跡や赤みを対象とした「ヴィーナスヴェルサ(IPL)」も1度の施術で効果が出やすい施術です。いずれもシミが完全に取れたと実感する回数には個人差があり、一概に回数を示すことはできません。
強いて言えば肝斑を対象とした「レーザートーニング」では3回目から効果を感じることが多いようです。

シミ取りレーザーをするとシミが濃くなる?
「炎症後色素沈着症」を起こしてシミが濃くなったようにみえる場合があります。

レーザー施術を行った箇所が炎症を起こし、時間経過とともに茶色く変色してしまう症状です。炎症後色素沈着はもともとあったシミとは別物ですが、見た目にはもともとあったシミが濃くなったように見えてしまいます。予防として念入りなアフターケア遮光、刺激を避けるなどの対策をとります。一般的には炎症後色素沈着は施術後1年以内に軽快することが多いと言われています。
また、シミの種類に合っていないレーザー施術を行った場合もシミが濃くなったように見える場合があります。施術方法についてはクリニックなどでよく相談することが大切です。

レーザー施術ってやっぱり痛い?
レーザー照射は、軽い痛みを伴うことがあります。

輪ゴムで皮膚をパチンとはじかれたような痛みを感じる方が一般的です。痛みの感じ方は個人差があるため、心配な場合は事前のカウンセリング等で相談しておきましょう。 医療クリニックであれば、痛みを軽減する麻酔クリームを使用するところもあります。

シミ取りレーザーで取れたシミが復活することはない?
施術により取れたシミが再発することはあります。

これはシミのもとである「メラニン」が肌の奥に残っていたり、施術後のデリケートな肌を紫外線に晒したりしてメラニンが再び生成されてしまうことで起こります。シミを再発させないためには、クリニックでおすすめされる施術の回数を守り、紫外線を避け、保湿を徹底するなどの対策が必要です。

正しい知識をもとに、自分に合ったシミ取りレーザーを選択しよう

正しい知識をもとに、自分に合ったシミ取りレーザーを選択しよう

今回は、シミ取りレーザーについてご紹介しました。これまで、シミが気になっても治療までは考えなかったという方も、前向きに検討するきっかけになったのではないでしょうか。

シミ取りレーザーは、信頼できる医師のもと適切な方法を選ぶと、安心して施術を受けられます。料金はもちろんですが、カウンセリングの丁寧さや実績なども考慮して、自分に合ったレーザー治療を選んでいきましょう。

渋クリでは、一人ひとりの肌の状態を見て施術を行うので安心してご来院ください。まずは、気軽に相談できる無料カウンセリングがおすすめです。シミ取りレーザーが気になる方は ぜひ渋クリの無料カウンセリングにお越しください。

「渋クリ」のシミ治療についてはこちら

使用する医療機器・医薬品について

  1. 日本国内においては、医薬品医療機器等法上の承認は取得していません。
  2. 医師が、個人輸入により入手したものです。
    ※ご参考:個人輸入に関する厚生労働省の案内
    https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/
  3. 同一の成分・性能を有する、他の国内承認医薬品等はありません。
  4. 重大な副作用などが明らかになっていない可能性があります。

各治療は自由診療のため保険は適用されません